予備校

受験・学習対策ができる予備校について

123黒板

予備校のメリットは、勉強で分からないことがあったときすぐに質問できる環境がある点です。
予備校での授業に関することはもちろんのこと、学校での勉強や参考書・問題集に関する質問でも対応してくれます。
また、受験対策に関して豊富な実績と情報を持っていることが強みです。

 

個人での情報収集にはどうしても限度がありますから、予備校の情報やノウハウが頼りになります。
予備校に通うことで同じ目的の仲間や違う学校の友人ができることで視野が親子ともども視野が広がり、学力ののレベルも把握しやすくなります。
予備校といわれる中には、中学受験を目指す小学生向けのコースを設けているところもあります。
小学生の時期は学習意欲の基礎を形成する中で大切な時期といえます。
普段から学習を習慣づけて学習の基礎をしっかりと付けさせることで、中学進学後の勉強も無理なく進められるようになるのです。

 

学校の予習となる授業が多く、学校での勉強に自信がもてるようになります。
自信というのは、さらに学習意欲がわく原動力につながります。
基本的には中学校での学習に不可欠な読解力・漢字力・計算力を身につけることに重きを置いていることも多いです。
具体的には読解・漢字・計算問題を徹底的に反復するなどします。
大学受験まで視野に入れると、小学生で基礎学力を備えることは大変重要になります。
また英語に関しても、高校や大学受験に向けて文法力を重視した英語指導を行うところもあります。
小学生の時期から単語力や文法力をしっかり鍛えます。

 

勉強男の子

このようにまずは中学受験に向けた基礎固めをした上で、さらに過去問題集などで実践力をつけていきます。
小テストや模擬試験などを実施して場慣れさせることで、いざ本番で緊張しないような工夫もされています。
また夏休みなどの長期休暇中には特別講座を行っているところが多いです。
特定の科目に特化した講座や受験前の追い込み講座などで、得意な箇所をさらに万全にしたり苦手な箇所をカバーしたりすることが可能です。
こうして難関校や有名私立校への合格を目指すのです。

 

中高一貫校への進学にターゲットを絞ったコースや、公立中学進学後に私立高校受験を目指す生徒のためのコースなどもあります。
指導の方式も集団授業や少人数授業、個別指導などがあります。
小学生に向けたコースでは、生徒本人のやる気を引き出すことが最優先されています。
本人の学習意欲が積極的になるよう、講師やスタッフと親御さんが協力して導く工夫と努力が大切です。
年齢的に友達と遊ぶ時間や他の習い事のための時間も必要です。

 

子供の日常生活や精神面で負担が大きくならないような学習計画を立てましょう。
中学受験サワヤカ突破 - 中学校受験の【気になるネタ】情報サイトの様なサイトも参考にすると役立ちます。

 

予備校通いでは帰宅時間が遅くなり、場合によっては親御さんの送迎が必要になってきます。
食事時間が不規則になったり栄養面で偏りが出ないような気配りも重要です。
やはり本人だけでは学習への意欲や受験へのモチベーションを保つのは難しい年齢ですから、親御さんのサポートが不可欠なのです。